夏服の購入枚数

幼稚園の制服における夏服の購入枚数などを考える

こどもが幼稚園に通う様になると、準備するものなどが増えます。同時に、所定のものをどれほど用意すれば良いかなどは迷ってしまう場合があります。幼稚園で制服がある場合には、園の指示に従って購入する事になります。季節的な面において、制服を替えるケースはよくあります。夏服と冬服など、2パターンは最低限ある事が多くなっています。
制服の中でも、夏服の場合には、半袖のジャケットやブラウスを着用する事になります。他にも、夏用の肌着などを購入させる幼稚園なども見られます。ここで迷うのが、やはり購入枚数という声はよく聞かれます。幼稚園でのブラウスその他を含む制服の夏服に関しては、確かに季節的な事もあり、必要枚数を悩む事があります。唯、いくつかの点を絞っていくと、決定していく事ができます。当初から、全て2枚ずつの購入を決めている、あるいは決められている場合には、サイズを変えて注文しておくと、からだの成長に合わせる事もできます。

夏場は、確かに汗をかき易い季節です。ブラウスなどは2枚あった方がいい場合もあります。唯、素材として、最近では父兄の要望に応えるべく、乾き易い素材を使用した園は多くなっています。この場合には、1枚を持って、あるいは着て帰って洗うと、次の日にはまた洗濯したものを着て登園できるものもあります。幼稚園の制服で、夏服を購入する場合、経済的負担を考慮するのであれば、1枚の購入にする事もできます。枚数については、園によって、自由選択制の場合もあります。この様な場合には、経済的な負担から決定するか、乾燥し易く、型崩れなども少ない素材であれば、1枚の購入で済むといえます。

加えて、夏服の中でも、ものによっては、2枚購入する必要がなかったという声が多いものなどもあります。上は2枚必要な事が多く、下のパンツやスカートについては、1枚で十分などの意見も多く聞かれます。購入する場合には、必要性などを口コミ情報として聞いておいても、参考になります。また、幼稚園の夏服を含む制服については、園によって違いはありますが、バザー等で先輩園児からの提供で販売される事があります。年に一回開催されて、かなり利用が多くなっている園なども見られます。経済的な面で節約する、あるいは不要になったものを再利用するといった点において、活用されるケースはありますので、情報を確認してみてください。
サイトなどを利用すると、自分のこどもが通う幼稚園の制服をリサイクルしている場合があります。値段が付いている場合もあれば、無料提供している場合などがあります。新品の購入と共に、リサイクル品についても上手く活用してみてください。

最新投稿

  • 制服の下の肌着

    幼稚園の制服の下に着る肌着について 幼稚園の入学の準備の際には色々な事を悩む親は多いものです。例えば制服の下に …

  • 人気の高いセーラー服

    幼稚園の制服として人気の高いセーラー服 セーラー服とは、セーラーカラーと呼ばれる独特な襟をもつトップスのことで …