ランチのある求人

ランチタイムを設定した飲食店が求める求人

昼食時、特にオフィス街で働く人達にとって、定められた休憩時間の間に昼食を終える事は、思った以上に困難なものです。
社員食堂などを備えた会社に勤務する人以外の殆どが街に溢れ、我先にとランチタイムの設定された飲食店へと駆け込むケースが多いことでも、その時間帯での僅かな時間がいかに貴重なもので有るかが判ると言うものです。
当然、そのような飲食店の店内では多くの客が溢れ、次々にオーダーされる注文を調理場へと伝える店員、伝えられた注文を次々と調理していくシェフ、そして、出来上がった料理を客に運び、食べ終わった食器を下げ次の客のためのセッティングと、店に座る事が客の間での戦争に例えるとすれば、店内の光景、特に店員達の忙しさはまさに戦場さながらのものが感じられるのです。
当たり前の事ですが、その時間帯は店側としても店員を増員し、備えているにも関わらず。

そんな店側の考えとしては、とにかくランチタイムの最も忙しい時間に多くの店員を配置する事を目的に多くの求人を行うのですが、勿論、誰でもいいと言う訳でもなく、飲食店の基本ともいえる接客マナー、そして、忙しさに充分対応の可能な俊敏性と気配りの出来る事、更には昼間の短時間だけの勤務でもかまわないと言った事が理想と考えられます。

しかし、求人に応募する側の立場に立って考えると、資質の部分はともかくとして、出来るだけ多くの時間働く事によって多くの収入を得たいと思う事は、当然の事です。
そんな両者の思惑をどの部分で折り合いを付けるかも、このような店の求人にとっては大きな問題となってくるのです。
昼の間の、ほんの限られた時間には、何人店員がいても足りないのでは、と思われるほどの忙しい店であっても、一度時間を過ぎてしまえば店内には客の姿もほとんど無く、店員の姿ばかりが目立ってしまうような事になっては、店としても問題になるのです。
逆に、忙しい時間帯に店員の不足によって客を待たせるような店では、次第に客足も遠のいてしまうでしょう。

一日の間でも、時間によっては客の数に大きな変動のあるランチタイムを設定している飲食店にとって、客席数と来店する客の数とを考えた人員配置をするために必要な人数を確保する求人募集、そして、少しでも店に有益な人材を確保するための求人募集は、その募集人数は勿論、応募者の資質を見極めることも大切な事で、その決定が店の未来を変えてしまうことすらあるのです。

最新投稿

  • 正社員の求人

    正社員の飲食求人は仕事内容で決める 飲食はアルバイト求人を探す場合に比べて正社員募集を選ぶときはしっかりと考え …