人気の高いセーラー服

幼稚園の制服として人気の高いセーラー服

セーラー服とは、セーラーカラーと呼ばれる独特な襟をもつトップスのことで、襟を前から見てみると、首の両脇、両肩、胸元を結んだ二つの三角形に見えます。もともと海軍の軍服として用いられていたものが、子供服や婦人服のデザインとして世界中で流行しました。日本では、学生の制服によく用いられるデザインです。トップスからスカートまでをまとめてセーラー服と呼ぶことが多く、女子用のイメージがありますが、幼稚園や小学校の制服として、男児もトップスがセーラー襟のデザインであることがよくあります。清潔感があり、とても好まれるデザインです。最近はブレザータイプのユニフォームも増えてきましたが、依然、セーラー服の人気は高いです。ネクタイやスカーフなどの付属品も、さまざまな種類があります。女子中学生、高校生の場合は、上下がセパレートのデザインが多いようですが、園児用は、女児はワンピース、ドレス型のセーラー服が多く、男児は上着のデザインに採用されます。冬服では紺地、夏服は白地やうすい水色などが多く出回っています。

幼稚園を選ぶ際に考慮する項目のなかで、制服のかわいさというのは高い優先順位を占めます。そして、セーラー襟を採用したデザインの人気が大変高いようです。園児の幼稚園生活を彩るユニフォームとして、また、愛着を持って日々着ることのできる衣服として、セーラー服を制服として採択する幼稚園は多いようです。しかし、園での遊びや活動で洋服が汚れてしまうこともよくあるので、園に着いてからの遊び時間には、遊び着や私服に着替えるという幼稚園も多いようです。もともと私服登校の幼稚園も、汚れたらすぐ洗える、着替えがしやすいという利点を挙げています。ただ、制服の利点としては、登園や降園の際に園の特定ができ、また遠足などにおける迷子対策などがあります。皆で同じ服をきることによる、一体感も教育において大切にされています。毎日着るユニフォームですから、快適に着ることができ、また、園内での体操服や遊び着への着替えもありますから、脱ぎ着しやすく、洗いやすいといった機能性、そして、冬は防寒着として暖かく、夏は涼しく着ることができるといった点も重要です。園が制服を選択する際には、さまざまな要素を考慮した上で、決定しています。

大切なお子さんが楽しく園生活を送るうえで、また、たくさん楽しい思い出をつくるうえで、素敵なユニフォームを着せてあげたいものです。セーラー服を希望する場合は、制服から幼稚園を検索できるサイトなどもありますので、活用してみてください。