制服の下の肌着

幼稚園の制服の下に着る肌着について

幼稚園の入学の準備の際には色々な事を悩む親は多いものです。例えば制服の下に着用する肌着はどんなものを着せたらよいのか悩む場合もあるでしょう。
女の子であれば可愛いデザインがプリントされたものを好む傾向があるものの、制服によっては白いブラウスの下のプリント柄の肌着が透けて見えてしまう場合もあります。また、男の子によっては、どのみち汗をびっしょりかいてしまうので、肌着自体を着せる必要が無いと考える人もいるでしょう。

幼稚園に着替えを持って行く園児も多いので、汗をかくと先生が着替えさせてくれることもあります。幼稚園によっては制服以外に、運動をする際に体育着がある場合があります。体育着に着替えるときに他の園児の肌着を見て、うらやましがる園児もいるので、あまりにも地味なものを選ぶと子供が悲しい思いをする場合もあります。ママ友や先輩ママから話を聞いて、他の園児から浮きすぎない肌着を選ぶことをお勧めします。
また、子供によっては肌が弱く素材にも気を使う必要があるでしょう。自宅とは違い、直ぐにはシャワーなどに入れないため、汗をかいて長時間着替えができなくても大丈夫な、子供の肌にできる限り優しいものを選びましょう。子供によって綿素材が合う場合と、速乾性のある素材が合う場合があるので子供の体質に合わせて選ぶことが重要です。冬になると保温性のある肌着も必要な場合もあるかも知れませんが、遊んでいるうちに汗をかいて逆に風邪を引きやすい状況を作ってしまう場合もあるので、幼稚園での過ごし方を把握した上で、日によって制服の中に着る素材を変える工夫も必要になってきます。

近年では色々な種類のものがリーズナブルな価格で販売されています。制服の下に着るもの、休日などのプライベートで着るもの、汗をかく日に着るものなど使い分けが大切です。肌着のデザインも色々あります。キャミソールタイプ、タンクトップタイプ、半そでタイプ、長袖タイプ、七部袖タイプなど様々です。幼稚園の制服によって、また季節によって使い分けも可能です。女の子の場合にはキャミソールタイプを好む傾向がありますが、上に着るものによって肩の紐が出てしまう場合もあるので、選択するデザインには注意が必要です。
幼稚園に通うくらいの年齢の場合は、親のサポートがまだまだ必要な時期なので、子供の希望を踏まえた上で、子供が常に快適に過ごせる素材やデザインのものを上手に選択したいものです。